不断の努力と普段の努力

英語,研究,教育実践,読書記録,ヴィオラのこと。ヴィオラのような人を目指しています。

(読書記録)読んでいない本について堂々と語る方法 (バイヤール, 2016)

 タイトルで心惹かれた本,読んでみました。

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)

 

 読んでいないといっても,それには色々あるよという話が最初に提示されています。読んでいないといっても,何かしらの形で触れているという体で話は進んでいきます。その中で以下の4つの分類に分けて論が展開されます。*1

  1. ぜんぜん読んだことのない本
  2. ざっと読んだ(流し読みをした)ことがある本
  3. 人から聞いたことがある本
  4. 読んだことはあるが忘れてしまった本

 個別の話は,良いとして,大事なのは,「深入り」しないこと。筆者も読んだことがあるというのは逆にどういう状態か,逡巡しています。*2別に深く読んだところで,多くの人は知らないのだから,堂々としていれば良い。語るのにそれだけ知っている必要性もないし,そう深入りする必要性がある場面があるとしたら,何か公に「書く」ものくらいなのではないでしょうか。

 面白かったポイントを2点。一つ目はそんなに真剣に読まなくたって,話すことくらいは気概で乗り切れるんだよ。と大事なポイントを「変奏」しながら,繰り返し述べているところ。気後れせず,自分の考えを押し付け,でっち上げながら,自分のことを語る。自分も今まさにそれを体現しています。もう一つはまた教養がある人は,本を読まないというところ。なぜなら,「深入り」してじっくり読んでいたんじゃ触れられない本は数多出てくる。むしろ読まない方が数に触れられるから知識の幅が広がるという考えのようです。そうか,とりあえずで良いから触れるということが大切なんだなぁと感じた次第です。

 自分の日常に置き換えても,論文を読む際に,きちんと全部読んでいるものなんてものはほとんどない。心理学が中心なので,統計云々はほぼ読み飛ばしている。要点さえつかめていれば,読む必要がない箇所だらけなんだよなとこの本を「読みながら」考えていました。ということで,この本は「読みました」が,この本の教えに沿って,「深入り」もせずそんな大それたことは申しておりません。ただ,自分の思索にふけ本について表現することが肝要だと読み取りましたので、自由に思ったことを書いてみました。

こうしてみると,読んでもいない本の世界が広がっていきますね。

本の見方が変わるかもという意味でオススメします。

*1:実際,この本では本を読んでいないことと,読書に無縁であるということとは別物として扱われています。後者が,読むという行為を行なっていないわけです。

*2:こうしてみると逆に読んだ本というのはどんな本なのでしょう?本の内容に即してきちんと自分のことばで語ることができれば,それでいい?どうやって判断する?

(教育実践) 勉強方法を紹介してみた

 考査が近いということで,心理学の知見から学習に関することを研究紹介も交え,紹介してみました。*3回のスライドを1か所に固めて再編集しました。

(読書記録) できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか (シルヴィア, 2015)

 

How to Write a Lot: A Practical Guide to Productive Academic Writing (Lifetools: Books for the General Public)

How to Write a Lot: A Practical Guide to Productive Academic Writing (Lifetools: Books for the General Public)

 

 の翻訳である

できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか (KS科学一般書)

できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか (KS科学一般書)

 

を読了しました。 翻訳はタイトルがややビジネス的で残念ですが,中身は大変面白かったです。

 いくつか大事だと感じたところをまとめてみますが,当たり前のことを当たり前にやることの大切さを突きつけられます。実に痛快です。なお,シルヴィア先生は心理学の研究者ですので,他の領域でどこまで応用可能かは想像がつきません。ご容赦いただきますよう。

 

目標を設定する (p. 34)

  • 具体的に書くこと (週に何時間やるか,何日やるか,何ページ,何語書くか)
  • 「一気書き」(binge writing)にならないこと!

 孫引きですが,Boice (1990)が面白かったです。具体的には,「どうしてもというときのみ執筆」「気が向いたときに執筆」「書かないとペナルティ」というように大学教員を分け,どれだけ書けるか,アイディアが浮かぶまでに要する日数を測ったところ,「書かないとペナルティ」群が合計で一番書く事が出来,アイディアが浮かぶ日数も少ないという結果でした。つまり,アイディアは自然と降りてくるものではなく,ハードワークしているからこそ,降りてくるものだという話でした。

優先順位をつける (p. 38)

-> 校正,といったワードは研究ならではですが,日常生活にも確実に活きることです。締め切りを意識して,「一気書き」にならないように。

進行状況を監視する (p. 45)

シルヴィア先生はSPSSを用いて,データで見える化をしているようですが,エクセルでもヒストグラムなど書けるので,こういうやり方もあるんだなぁと。

  • 進行状況を監視しつつ,目標を達成できていればご褒美を (p. 50)
  • スランプは言い訳に過ぎない! (p. 51)
  • 本を書くときにも同じように。章ごとにページ・ワード数・第1校,第2校などの進捗状況を記述する。 

論文を書くために,書く練習をする

  • カッコつけた語彙を選ぶ必要はない。
  • すっきりとした文を心がける(セミコロンの使い方など勉強になりました)。
  • まずは書く,後で直す (p. 92)
  • アウトラインを作成し,どのようなウェイトを置くかを考える (p. 99)
The Elements of Style, Fourth Edition

The Elements of Style, Fourth Edition

 

 ↑紹介されていたモノの中で個人的に,この本はmustです。

査読返信について

  • 「それぞれの修正箇所については,3部構成で説明しよう。まず,コメントや批判点を要約し,次にそのコメントに対して自分がどう対処したかを説明するが,その際には,できるだけ原稿のページを具体的に記載する。最後にその対処によって,コメントの内容がどう解決されたかを書く。(p. 118)」

その他 (上記を達成するにあたって)

  • 「スケジュールを立てる楽しみ」が生まれる (p. 152) -> 人生を楽しめる!
  • 「望みは控えめに,こなす量は多めに」 (p. 154)
  • 「執筆は競争ではない」 (p. 155) -> 自分がどうするか,だけの問題。

 気持ちの良い読了感でした。忙しい,「書く時間がとれない」「もう少し分析しないと」「もう少し論文を読まないと」などなど言い訳をしたら,ペナルティを課そうと思います...。