不断の努力と普段の努力

英語,研究,教育実践,読書記録,ヴィオラのこと。ヴィオラのような人を目指しています。

(教育実践)授業改善のツールとしてのルーブリック

ルーブリックについては,

www.justsystems.com

関西大学の黒上先生の解説が実践者にはわかりやすいかと思います。

概要

 2年連続で同じ科目を担当して,去年度の反省を踏まえた上で行った実践報告です。行ったこととしては,パフォーマンス課題の中でルーブリックを導入した,それだけのことです。実は恥ずかしながら,2015年度の時点ではルーブリックのことは知っていたのですが,その実用性には気づけていませんでした。ですが,ルーブリックを導入してみると,生徒にとっても,教員にとってもポジティブに働くことがわかりました。

背景

 高校1年を対象としたコミュニケーション英語Iのうち,4単位ある中の1単位をALTとのTTに当てており,その中でパフォーマンス課題に取り組んでもらいました。パフォーマンス課題としては,ALTへのインタビューやディベート(アカデミック)といったものです。その中で例としてディベートを取り上げます。昨年度,特に課題だなと思ったのがこのディベートで,2ヶ月ほど費やして準備をしたのですが,生徒は頑張っていたものの,その時間に見合ったプロダクトを出すことができませんでした*1。そこで,まず原因を考えてみました。

  • 反駁の練習が十分にできていなかった。
  • 発言者の声が不明瞭で何を言っているのか理解できないケースがあった。
  • (アカデミックなのに)十分な準備をできていないチームがあった。
  • チームで行うものなのに,一部協力できていないチームがあった。
  • 結局本番のディベートは1回しかできていなかった。

などなど。

改善のために

 ディベートは言語活動の中でも非常に高度なものなので,学期の最後の方で行うのが良いかなと思うのですが,こうした反省を踏まえて,昨年度はついていくだけだったのですが,今年度当初に私が主となって,バックワードデザイン(もどき)で高度な言語活動に向かうための準備をするためにどのようなことをするべきかを考えました。

  • ペアでの英語チャットの時間を充実させる。(ウォームアップ)
  • パフォーマンス課題の中に質疑応答を組み込む。
  • それを繰り返し,体験させる。
  • ルーブリックを作り,生徒に事前提示することでゴールを明確にする。

 最初は,個人レベルから始め,Show & Tellのような活動,徐々にチームワークの必要なパフォーマンス課題を用意するようにしました。また,ディベートについては,2回実施し,慣れを作るよう努めました。ちなみに,なぜルーブリックを事前提示するのかといえば,それが学習者が目標を理解して学習に向かうことにつながりそれが,パフォーマンスの向上,ひいては内的動機づけを高める可能性があるからです (鈴木, 2011) *2

成果(?)

 生徒の声はアンケートや質問紙で詳細にとったわけではありませんが,評価基準の中に数字を混ぜる(何文以上,何分以上)ことで,生徒も明確に目標を持って準備をすることができたかと思います。実際に聞いてみると,基準が書いてあるので,計画的に取り組むことができたという声がありました。評価に関してもルーブリックがあると,納得してもらうことができたみたいです。本当は,プレとポストでスピーキングの熟達度が上がったなど,テストをしても良いのでしょうけど,今回はそういう実験ではないので。。。

 実際のものはお見せできませんが,ルーブリックを作ることで教員間の共通認識を確認することができました。例えば,パフォーマンスに向かう際にはきちんと暗記して臨ませるとか,そういうごくごく単純なことですが,実はえっそうなの?みたいなことが以前あったもので...こういうのはきちんと提示し,教員間で評価「基」準は明確にしておくと後々評価の信頼性を高めることにもつながると思いました。また,評価「規」準の数も大事で,基本は3つに絞りました。でないと付ける方も大変ですからね(例えば,内容・表現方法・チームワークといった規準でつけました。)。

 

課題

 ルーブリックは,「基」準を作るのが難しいです。実際やってみると,こちらが用意した基準を易々と超える生徒たち(喜ばしいことですが),逆に全然届かない生徒たちがいたりして,実態に即して改善の余地がありそうです。また,教員間でのミーティングが不可欠ですが,それが上手く確保できずコミュニケーションが取れない場合がありました。特にALTは常勤ではなかったので,その辺りは苦労しました。ですので,自分たちが今年度作ったものをうまく来年度に引き継いでブラッシュアップしていただければなと思います(自分が来年度も担当する可能性もありますが)。

 

お読みいただきまして,ありがとうございました。

*1:補足すると,展開授業で2週に1回がTTの授業なので,TTの回数自体そもそも少ないのです。

*2:鈴木雅之 (2011) ルーブリックの提示による評価基準・評価目的の教示が学習者に及ぼす影響 ー テスト観・動機づけ・学習方略に着目してー 教育心理学研究, 59, 131-143.