不断の努力と普段の努力

英語,研究,教育実践,読書記録,ヴィオラのこと。ヴィオラのような人を目指しています。

(論文レビュー) (実践) 語彙ノートの使用を促すために (Dubiner, 2017)

Dubiner, D. (2017). Using vocabulary notebooks for vocabulary acquisition and teaching. ELT Journal, 1-11. doi:10.1093/elt/ccx008

のまとめとそれをどう自分の文脈に落とし込むかと考えた記録です。

研究概要

 先行研究で,語彙ノートを作成することは,受容語彙知識(英語→日本語),発表語彙知識(日本語→英語)をつけることに役立つとされています。また,語彙ノートを作成することで学習の自立(independence)を促すことや,積極的な態度を育成することに寄与することが言われています。

 実験参加者はイスラエルの大学3年生(教員志望)13人で,語彙ノートを作成しました。

目的は

  1. 語彙知識として残るかを検証すること
  2. と語彙ノートの作成が学習方略として良いものかを内省してもらうこと

でありました。なお,大学の授業の中で行われているもので,授業の評価対象ともなっていました*1。 学生たちには授業内外で出会った新出語彙を選んで書くよう指示されています。つまり,全部書きなさいという指示ではありません。

 学期の最後に,語彙の記憶を保持しているかという検証がなされています。ここでは,(レベル1)覚えているか否かをチェック;(レベル2)朧げながら覚えているいるかをチェック;(レベル3)訳を書けるか,あるいは説明できるかをチェック(受容語彙知識);(レベル4)文で使えるかチェック(発表語彙知識)というように,語彙ノートに書いたものが,どれ程度の知識レベルになったかを測定しています。また,学生自身で振り返りを行い,またインタビューを受けています。

 結果は,レベル1,2よりもレベル3,4に達しているボキャブラリーの方が多いという結果になりました(ただし,レベル1はレベル2よりも数が多い)。また評価があるということで外発的に動機づける効果があるのではないかなどという分析がなされています*2。また振り返りにおいても,ポジティブな感想が得られています。教える立場から‘I saw what it did to me so I want it for my students’ and ‘I want my pupils to have such an experience too (p. 9)’というコメントもありました。よって,良い方略としても捉えられていることがわかります。

自分の文脈に落とし込むために

 自分の指導の立場でも語彙ノートを利用できないかなと思っています。私は高校教員ですので,家庭学習をしっかりさせたいという想いがあります。そんな中で先日,外国語教育メディア学会 関西支部 中高英語教育研究部会というところのセミナーで,大阪府立鳳高等学校の溝畑先生がある実践を示してくださっていました。

 それは,コミュニケーション英語の素材を使って,復習としてのフレーズリーディングシートを英語フレーズと対訳に分けてノートに貼るというもの。

f:id:yk373:20170331213341j:plain

 ノート左の英語フレーズの方は,その横に定着させたい語彙の意味を書いたり,フレーズや例文を書いたり(文法を復習したり)するというものです*3。ノート右には対訳をみて思い出しながら,英語を書くというもの。こうすることで家庭学習で辞書を引いてもらい,朧げな知識かもしれない語彙を復習することができます。さらにテスト前の復習にも使えるということで素晴らしいと感心したものでした。

 教科書には新出語彙は載っていますが,それ以外が生徒たちにとって既知なのかと言われればそうではないでしょう。ですので,こういった形で自主的に調べてもらい,ノートを作ってもらう,それを評価に入れることでがんばりを認めるという形はどうかなと考えてみました。なかなか一から語彙ノートを作れというのは難しい話ですが,こういうリーディング教材の中のチャンクリーディングを再利用することで,学習のハードルを下げることが可能なのではないでしょうか。 これで知識定着に学習方略の定着,モチベーションアップにつながれば,万々歳なのですが,さてどうでしょうか。

*1:"[S]tudents were encouraged to keep a vocabulary notebook with them at all times, which was one component of their grade on the course. (p. 4)"

*2:言語習得と絡めて,Output, noticing, attention,など書いてありますが,こじつけ感があると思ったので読み飛ばしました。

*3:余談ですが,[T]he translation or definition should not be written next to the entry.The rationale for this is that due to stronger automaticity in L1, reading the L1 translation before the L2 target word cannot be suppressed (Timmer, Ganushchak, Mitlina, and Schiller 2014). と本文にはあります(p. 4)。ただしDubiner (2017)では対象が教員志望とありますが,このブログの管理人は普通科の高校生を指導する立場にあります。ですので日本語と英語の結びつき+フレーズなどで落とし込むのがベターなのではないかと思いました。