不断の努力と普段の努力

英語,研究,教育実践,読書記録,ヴィオラのこと。ヴィオラのような人を目指しています。

(授業実践)リアクションペーパーの利用と用途の探求

はじめに

 リアクションペーパー(RP)は,授業の振り返りのツールとして用いられるペーパーのことを指します。元々大学の授業で開発され,大福帳やミニッツペーパーと言われるものの総称として使われています。ただ,大学以外でもRPは使われており,当ブログでも高等学校の実践である,河田(2012, 2014)を紹介しています。

yk373.hatenablog.com

 こういった振り返りツールの効用としては,早稲田大学の向後先生がシンプルにまとめてくださっていますが,その中で「「まじめに授業を聞こう」ではなく、大福帳を書かせよう」という文言が大事だと考えます。教員が指示することは簡単ですが,それだとやらされている感が出る。その紙があることで,授業に集中しようと思ってもらうこと,書いたら良いことがあると思ってもらえることが,学習者を主体的に授業に向かわせる工夫なのではないかなと思うのです。

 

すべての授業で大福帳を使おうkogolab.wordpress.com

実践

 RPは授業の最初に配布し,いつでも書いても良いこととしています。疑問に思ったことがあったら即書き留める。授業の最後だと忘れてしまうことがあって,「何書こうと思ったか忘れた」という声が実際にRPを始めた時にありました。

 何年か継続して行なっているのですが,現在のフォーマットは理解度の項目と自由記述の2つのみです。理解度は4段階で評価してもらい,自由記述欄には「分かったこと・分からなかったこと・感想...」つまり何でも書いても良いこととしています。復習のクイズを出すパターンもありますが,記述方法としては何を書いても良いと緩くしています。ただし,それだと「楽しかった」とか「分かった」といった単純なコメントが出てくるので,記述の質を高めるために,私は間接的な介入を行なっています。それは,RPのコメントを全て打ち出して,なおかつ返信もすることです。「こうしなさい」ではなく,クラスで披露されることによって,単純な記述は淘汰されていきました。また,学習者はそういった返信をされることを求めています。こう記述に応答することで質は主観的な判断ですが,上がっていると思いますし,また実際にそういったことを示した研究もあります *1

 記述を打ち出して分かってきたことですが,RPに色んなことを書いてきますので,学習者も教員である私も授業で言っていた内容を整理することができますし,逆にこれを言えばよかったという気づきもあり,それを見て次の時間で思っていたアプローチを微調整して,授業に臨むことも増えてきました。また,こういった打ち込みをすることで,自分がどんな動きをしていたかという思い出すきっかけ,あるいはティーチングジャーナルそのものの機能も持っています。

 ところでRPは,現在記名式にしています。以前はそうではなく,ペンネーム制度にしていたのですが,誰が書いているかを把握するために記名式で現在は行なっています。比較ですが,ペンネームだと(筆跡から誰が書いているのかは分かるのですが)お遊び感覚な記述も散見されていました*2。ところが,記名式にすると,真面目な記述が多くなったように感じられます*3。指導に対する指摘をもらうこともありますが,全体の場で公開されるということで,こういったコメントも全て打ち出し,自分の反省材料に利用しています。記名式で直接書くのは勇気がいることだとは思いますが,そう率直に書いてくれていることは指導側としてはとてもありがたいです。

 また,先ほど紹介した河田(2012, 2014)では,両辺10cm程度の紙を配布して,ということでしたが,今の私の実践では向後先生のような大福帳形式にしています。というのも,こうすることで,過去に自分が何が分かったか,何につまずいたかというのが可視化されるからです。こう記述が蓄積されていく楽しみも授業を通して感じてもらえたらと今は思っています。

最後に

「「子どもたちをアクティブ・ラーナーに育てる」という言葉を最近はよく耳にしますが,子どもたちの主体的,対話的な深い学びを具現しようとするならば,教師自身がまずアクティブ・ラーナーであるべきではないでしょうか。」(多賀一郎・苫野一徳 (2017) 『問い続ける教師 ―教育の哲学×教師の哲学』, p. 3)

 

問い続ける教師―教育の哲学×教師の哲学

問い続ける教師―教育の哲学×教師の哲学

 

 RPの中で,生徒たちは,質問したり,わかったことを確認したり,個人的な質問を投げかけたりとアクティブに色んな反応を示してくれます。そうなると,こちらも本気になってアクティブラーナーになることができます。そうやって,共に授業を創造していきます。準備には時間がかかりますし,今も悩みながら授業をしていますが,やってみると面白いです!

*1:小野田亮介・篠ヶ谷圭太 (2014) 「リアクションペーパーの記述の質を高める働きかけ—学生の記述に対する授業者応答の効果とその個人差の検討—」『教育心理学研究』 62, 115-128. doi:10.5926/jjep.62.115 

*2:これはこれで良いと思います。

*3:ちなみに,ペンネーム制度はあった方が良いという記述もあったので,紹介してほしいペンネームがあったら,書いても良いよということにしています。