不断の努力と普段の努力

英語,研究,教育実践,読書記録,ヴィオラのこと。ヴィオラのような人を目指しています。

(授業実践) 授業参観の中で視点を提供すること

 研究授業をしたときの話。今回は指導案+授業プリントに加えて,参観シートを作ってみました。以前からモヤモヤしていたのですが,指導案を用意しても,きちんと見てもらえなかったり,コメントもこちらが意図しているものがもらえなかったりすることがありました。そんな折,英語授業研究をされている兵庫教育大学の吉田達弘先生のご講演を拝聴した際に,そういったことで困っているということを質問したところ,こちらからその授業の意図を投げかけてみてはどうかというご助言をいただきました。そこでなるほどと思い,今回のポイントを焦点化したシートを作ったわけです。こんな感じです。

f:id:yk373:20171210121627j:plain

ちなみに今回は,英語表現Iの授業での実践でした。分詞の使い方をリアクションペーパー*1でのコメントを拾いながら確認し,問題演習を通して使い方を確認し,グループで絵から話を作ってもらうタスクに挑戦してもらい,振り返り(リアクションペーパーへの記入)をしてもらうという流れでした。

 実践した感覚としては,はっきりと書くことが分かっているので当然こちらが欲しい情報が得られるし,もちろん実施上の不備に対するコメントも頂戴してやってみて良かったという実感を持つことができました。またその他にもコメント欄をつくっておくことで,その先生のこだわりもある程度は引き出せるようにしました。書き方には工夫の余地がありそうですが...

 また,授業を参観された先生方にこういったシートへの感想を求めたところ,的が絞ってあるので授業者の意図が見える,参観者としてはフォーマットがあることからコメントが書きやすい,(参観した先生が)伝えたいこともまとめやすい,といったコメントをいただきました。

 ただ今回は比較的年齢が近い先生方に見てもらっての感想だったので,来てもらえなかった先生の感想*2も踏まえて今後に活かしていこうと思います。

*1:

yk373.hatenablog.com

*2:授業が空いているのに来ていただけなかった先生もおられましたが...