不断の努力と普段の努力

英語,研究,教育実践,読書記録,ヴィオラのこと。ヴィオラのような人を目指しています。

(学会記録)(雑感)英語で発表するということ

 今回は奈良教育大学英語教育研究会(@奈良教育大学)2018年2月の会に参加。初めての参加ですが,事務局長の先生からお誘いいただいたこの会,大いに楽しむことができました。感謝申し上げます。

 普段は,それぞれの校種からの研究発表や実践発表,ワークショップと多彩にされているとのことでしたが,今回は卒論・修論発表からスタートということで,先週に引き続き,学生さんの発表を最初,楽しむことができました。トピックはGestureとWTC(Willingness to communicate)ということで,たまたま先週と同じようなトピックというのも,私にとっては取っつきやすかったです。WTCの話はもう少し研究方法(測定方法や処遇など)を精査する必要があると感じましたが...心的なものって測定がそもそも難しいので,色々思うところがありました。

yk373.hatenablog.com

 発表自体は,Thomas Amundrud先生(奈良教育大学)のワークショップ"How to increase teacher L2 talk with effective nonverbal communication"が特に面白かったです。はじめに教室環境で"Space speaks"という話をされていて,つまりは学習者との距離感や授業中の教員の立ち位置が大切だよねという話をされていて,普通に教壇に立って授業をしていることは当たり前すぎて,疑問に思わなかったところもあり,興味深い視座だと感じました。また,その後のワークショップでは,具体的にgestureを使ったテクストへの理解の一方略を学びました。実際にテクストを読み上げるときにgestureをつけて理解してもらう。この時読み方も大切だなと思いました。最近,青谷優子さんの英語朗読の本が面白かったので,授業でも感情を込めて伝えようとしていますが,それと併用すると,読むことも一層楽しくなるかもしれないですし,実際にそういったパフォーマンスとしての朗読を学習者がしても面白いのではないかという可能性を感じました。

英語は朗読でうまくなる!

英語は朗読でうまくなる!

 

  ところで,このミーティングは英語で発表することを前提ということを伺いました。ということで,発表もフロアとのディスカッションも全て英語。なかなか刺激的なミーティングでした。それぞれの先生方がわかりやすくインタラクションを交えて話しておられたので,こちらとしても大いに楽しむことができました。ただ,その後の懇親会で,主催者側の佐藤臨太郎先生とお話しましたが,英語でやるとなっただけで聴衆が減ってしまうということ聞いて,そうなのかと思いました。また,ゼミも英語で行われるのでそれを敬遠する学生さんもいるとのこと,それは勿体ないと思いました。今まで考えが及んだことがなかったのですが,英語で発表すれば,少なくとも英語教育の文脈の中では,聴衆の対象が英語ネイティブにも拡大されるはずなのに,聴衆が減ってしまうという現象は興味深く感じられました。

 話は逸れますが,高等学校の学習指導要領では,英語の授業は「英語」でというのが基本で,新学習指導要領では中学でもそれが適用されることとなります。しかしながら,実態は英語の授業であっても,ほとんどが日本語,学習者も英語を発することがないという授業に遭遇することもあります。特にベテランになるとその傾向は強いと思います。決して,英語で授業することができないわけではないはずなのですが...。また,そういう先生方の中では,昨今の「4技能」に関する議論も実は届いてなかったりするのでは?と思うこともあります。統計的なものがありませんので,推測の域を出ませんが...。そしてそういう先生方こそ見ていただきたいものなのに,研究みたいなものには興味がなかったりするという...。やはり,伝承したり,お誘いするしかないのかなという現実に苛まれたりするのですよね。そんなことを懇親会でも話をしました。なかなか難しいです。

 私自身は今回のミーティングに大いに刺激を受けたので,いずれは発表できたら良いなと思いましたが,発表ネタがありません。。。どなたか共同研究など。。。ありませんでしょうか。。。